主婦のメールレディやチャットレディの確定申告は必要?不要?

*チャットレディ・メールレディ・テレフォンレディ*

確定申告とは?

1月1日から12月31日までの1年間に得た収入から、経費(メールレディやチャットレディで必要だったもの)と控除(38万or20万)を引いた金額を計算・申告し、所得税額を確定する事です。

 

確定申告の期間は翌年の2月16日~3月15日です。

メールレディやチャットレディでも収入によっては確定申告をしなければならない!

普通にパートやアルバイト、会社員として勤めていると、会社が『源泉徴収』してくれますが、メールレディやチャットレディは個人事業主になるので自分で確定申告をしなければいけません。

確定申告をしなければいけない場合

メールレディやチャットレディを「本業にしている場合」

 

メールレディやチャットレディ以外の収入がない場合は、1年間のメールレディ・チャットレディとしての収入が38万円以上の人は確定申告が必要です。

 

※ 38万円以下の場合は確定申告はする必要はありません。

 

なぜ38万円なのかを説明していきます。

 

旦那さんの扶養に入っていて扶養から外れないようにお仕事されている人は多いと思います。

 

パートやアルバイトにでている人は103万円を超えないように気にしてお仕事している人が多いですよね?

 

でも、メールレディやチャットレディの場合はその103万38万円になってしまいます。

 

103万というのは基礎控除38万円給与所得控除65万円を足した金額の事で、メールレディやチャットレディはメールレディやチャットレディをするサイトやアプリの運営会社と業務委託契約を結んでお仕事をしているので、お給料ではなく報酬をもらっているんです。

 

ですから、給与所得控除の65万円がないので基礎控除の38万円だけになってしまいます。

 

メールレディやチャットレディを「副業にしている場合」

 

メールレディやチャットレディ以外でも給与所得がある(パートや会社員)場合は、1年間のメールレディ・チャットレディとしての所得が20万以上の人確定申告が必要です。

 

この所得20万以上の所得とは、得た収入からメールレディやチャットレディでのお仕事で必要だった必要経費を差し引いた額になります。

 

例えば、PCやスマホの通信費や家賃や光熱費等があります。

 

所得税の申告は20万以下はしなくてもいいですが、住民税の申告は20万以下でも必要な地域があるみたいなので各市町村に問い合わせてみてください。

家族や会社に内緒でメールレディやチャットレディをしていて絶対バレたくない場合は?

  • 家族に内緒でメールレディやチャットレディをしている
  • 本業の会社に内緒で副業でメールレディやチャットレディをしている
  • 確定申告がめんどくさい

 

そんな人は、確定申告をしなくて済む範囲内でメールレディやチャットレディをした方がいいと思います。

 

本業でメールレディやチャットレディをしている人は1年間の稼ぎを38万円以下に抑え、副業でメールレディやチャットレディをしている人は20万以下で抑えるようにしましょう。

わからないことは「税務署」に確認!

住んでいる場所によって経費で落とせるものなども違ってくるので、よくわからない人はお住まいの税務署に問い合わせしてみてください。

 

♡優良サイト(アプリ)一覧はこちら♡